<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

星を守る犬

読みました、泣けました。
今、話題の映画「星を守る犬」
原本をコンビ二で見つけちょっとだけ読んでみようとページをひらいたら最後思わず、号泣しちゃいました。そして、買っちゃいました。
結論が分かっているのに、何度でも泣いちゃいました。
犬の健気さと飼い主さんとの愛がダイレクトに伝わってきて。
こうなってしまったけれど、この最後のときは本当にかけがえの無いたったすこしでも、濃縮した日々だったのだと思います。
愛されている犬もたくさんいますが、そうでない子もたくさんいます。
もののように扱われ、飼い主さんのしつけ不足なのに手に負えなくなった体とか、年をとったら、面倒だの中には死ぬ場面を見たくないなどの勝手な理由によって毎日一体どれだけの犬猫がガス室で死んで行っているのでしょうか。
動物は、無償の愛を私たちに与えてくれます。
彼らにも思いがあり、そして、だた、愛してくれています。
私たちも、それ以上の愛で彼らと通じ合えれば、本当に素晴らしいと思います。
時には、わがままもいい、嫉妬をしてみたりもしますが、それも飼い主さんに注目されたい一心なのです。どうか、彼らの声を聞いて、どんな些細なことでも、心を込めて言ってあげて下さい。
彼らは、耳を傾け聞き、そして、その思いにきっと答えるでしょう。
そして、言うでしょう、あなた方を愛していると。
[PR]

by pet2love-nature | 2011-06-25 22:29 | Comments(0)

原発事故が起こしたもの

福島県飯館村にてエコビレッジをされていた村上さんの話を聞きにいってきました。
地震当時、新しく作ったバンガローの棟上げが完成し強度等を確かめて柱にまたがっている最中でした。地響きのあとひどい揺れが来て必死に柱にしがみついていたそうです。幸い多少家の中のものが落ちたりはしていたそうですが、地震に対する被害はたいしてなく、電気は止まっているもののプロパンで、野菜や加工品もあるので当分は大丈夫だと、一安心しその日は夕食を作って食べ、寝たそうです。
その時奥さんはたまたま、福島市の友達のところにいたそうです。午前2時になって車が止まる音で目が覚め、こんな時間に誰だろうと思って開けたら、奥さんだったそうです。奥さんは必死な顔で今すぐここをでようと言ったそうです。聞けば、福島市は結構な被害がでていて、たまたま、原発に詳しい方がいて、電気は止まったもののその方のネットワークや情報網で調べたところ、福島原発が大変なことになっているらしいということが分かったというのです。地震の津波の影響で、原発の電力がストップしたらしいと。原発問題に際して関わり反対運動等もされてきた村上さんですが、最初はピンと来なかったそうです。実は、軽トラックのバッテリーで、パソコン、てれび等は、回復させていてテレビでは、地震は起きましたが、電力は回復し大丈夫です。のようなことを言っていたので安心していたのです。どちらの情報が正しいのか分からず、その後また、テレビの情報を見ると、今度は、また、再び、電力がストップしたみたいなことを言っていたそうで、そこで、村上さんはおかしいと思ったと言います。そして、大変なことになったと気付きました。電力がスットップしたということは、冷却ができない、、とうことは燃料棒が溶けるつまりメルトダウンがおこり、最悪の場合水素爆発が起きる。すぐに、逃げようと着の身着のままで仲間たち数十人とともに以前農業でお世話になっていたここ三重県に問い合わせ引っ越してきたそうです。
農場も2ヘクタールもあり、レストラン、石釜パン工房をはじめこれからってときにすべてを捨てました。その後、予測した通り爆発が起き、大量の放射能が吹き出ました。
原子炉から40キロ以上も離れていたにもかかわらず、村上さんの農場のあった飯館村はホットスポットに入りもう戻ることも出来ないとその時思ったそうです。
現在、村上さんは伊賀の方で暮らされていて、もう、もとの生活は出来ませんがこの1,2年はこの実体験を多くの方に語って行きたいと言われていました。
今、電気なしの生活はきっと出来ないでしょう。
実際私も、電力の恩恵をたくさん受けています。
でも、原発の是非は充分に問いかけるべきものではないでしょうか。
現在の電力で原発が締める量は30パーセントぐらいと言われていますが、実際使われているのはそれ以下だと言われています。実際電力は充分に余っているのです。
この下は、抜粋ですが、
実際原発自体が原子力発電は、とっても不安定なので、揚水発電所とセットで作られます。
構造上、発電量を簡単に上下することはできない。だから原子力はベースロードと言われ、一定量の発電をずっと続けて運転する。需要量が増えた時に、電力会社は火力や水力の電力を増やして対応していく。
逆に、需要量が減ったからといって、発電量を落とすこともしにくいのが原子力だ。だからもし、日中の最大消費量が100、夜間の最小消費量が50、原発の設備容量が70だとしても、原発は最小消費量を下回って運転しにくい。原発は最小消費量にあわせて50で運転しなければならない。もし、70で運転してしまうと、夜間に消費がそれを下回る時に、発電量をそんなに急に絞ることができない。
そこで出てくるのが揚水発電だ。原発の設備容量70と最小消費量50の差を埋めるために揚水発電所をつくり、夜間、原発の電気が余り始めたら、その電気を使って水をくみ上げる。つまり、原発の電気が余らないように揚水発電所をつくって、夜、電気が余る時に電気で水をくみ上げ、昼間、その水で発電をするそうです。
コストも安いとされていますが、実際は一番コストがかかっているようです。
詳しく知りたい方はこちらのほうにのっておりました。http://www.geocities.jp/tobosaku/kouza/plice.html
皆さん、原発は本当に必要なものなのでしょうか?
[PR]

by pet2love-nature | 2011-06-21 21:11 | Comments(0)

鬼怒川温泉に行ってきました。

動物系の勉強のためにいってきました。
全6回で、今回で4回目でした。
みんながすごい中、私は、なかなか難しくて、1人ポツンと残されたみたいな感覚ですが、
のんびり亀さんで頑張ろうかなと思っています。
人には人のペースがある、、。
慌てず、焦らず、のんびりと。
あと2回で終わりなのでせめて楽しむ気持ちだけは忘れずに行きたいと思います。
b0229801_16505055.jpg

b0229801_16524415.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-06-12 16:53 | Comments(0)

ツバメが大きくなってきました。

写真がとっても見えにくいですが、巣の中の若干フワフワした灰色の子が雛です。
食欲旺盛で両親は大忙しです。
b0229801_1644453.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-06-12 16:45 | Comments(0)

染めてみました。

かねてから染めよう染めようと思っていた葛でようやく糸を染めることが出来ました。
濃染処理はしていないので薄めですが、木綿の糸が綺麗な緑色になりました。
これでまた織れるかな。
楽しみです。
b0229801_16394655.jpg

b0229801_16382698.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-06-12 16:41 | Comments(0)

最近のこと

最近バタバタ、していまってなかなか更新できませんでした。
落ち着いたら、もっとできるかな。
織ってきている布はいろいろあるけれど、どうにかこうにか進めています。
とりあえず、アオザイを作ろうと思っているので、がんばらなくっちゃ。
1時間に数十センチしか織れないので、ここまで来たら気合いでしょうか。
また、写真アップします。
[PR]

by pet2love-nature | 2011-06-11 07:45 | Comments(0)