<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

やっとこさ織り終わりました

ちょこちょこしか行けなくてかなり時間がかかってしましましたが、やっよ織り終わりました。
半反ですが、自分で始めから終わりまでできたのですっごく嬉しいです。
かなりヘタっピーですが。
もっと練習してうまくなるぞー!
b0229801_21483450.jpg
b0229801_2148115.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-29 21:48

誕生日ー♪

今日は利用者様の誕生日だったので、夏の美容と長寿の薬膳料理を作りました。
玉蜀黍と貝柱の茯りょう揚げ、枝豆豆腐、茄子の何首烏煮、クルミと松の実のサラダ、水母とそうめんかぼちゃの梅酢和え、ジャガイモのジュノベーゼ和え、豚肉の八角煮込み、玉ねぎの蓮蒸し、茶蕎麦寿司、人参の胡麻和え、南瓜のはと麦あんかけ、漬け物、冬瓜の薬膳スープ、蓮子と緑豆と小豆と黒米のごはん、メロン、ブルーベーリーでした。
誕生日ケーキは撮るのを忘れちゃいましたが、赤飯に見立てて、和菓子をつくらせてもらいました。
たいへんでしたが、喜んでくれてとっても嬉しかったです。
b0229801_2275138.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-28 21:59

ローフード

私が、薬膳料理を作っている間、兄は友達のお店「はなうたさん」にてローフードランチを振る舞っていました。rawフードは、48℃以下で加熱料理することで酵素を壊さず、体に取り入れることで
健康に若く美しくしてくれる料理です。
皆さん喜んで下さったようです。
私も、僭越ながらデザートのみ提供させてもらいました。
b0229801_10482486.jpg

ご来店ありがとうございました。
[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-28 10:42

今日の料理

フレンチ風に作ってみました。
土用の丑ーなのにみなさんうなぎがダメな方が多いので、さんまで蒲焼き風にして、ヨモギ麩、赤コンニャク、里芋の田楽を添えてみました。
これから、夏本番、体調に気をつけて皆さん頑張りましょーね。
b0229801_2211378.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-21 22:08

山の花ー

毎年恒例のヤマユリの季節がやってきました。
毎年、鹿に食べられたり、台風に叩かれて、雨で流れたり、もしくは、育てる人がいなくて枯れちゃったりで、減ってしまいましたが、今年もなんとか咲いてくれました。
彼らのように強くたくましく、生きなくちゃね。
b0229801_2155659.jpg

台風で、川がかなり増水しました。
いつかのような、土砂崩れで、陸の孤島状態にはならなかったですが、自然は本当に容赦が無いです。
人災もあったとは思いますが。
こんなに杉やひのきばかりでなく、しっかり根の張る広葉樹林がたくさん生えていれば、そこまでならないし、鹿も農作物を荒らしたりはしなかったかもしれません。
b0229801_21591984.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-20 21:52

藍染めー

台風でドコモ行けなかったので、とりあえず藍で糸を染めてみました。
でも、すくもがくっついて。
ムラなく染まりはしたのですが。
まだまだ、研究の余地ありです。
b0229801_21513610.jpg
b0229801_21511738.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-20 21:49

日が変わって。

次の日、午前中は時間があったので、有名な黒壁スクエアーに観光に行ってきました。
b0229801_2051862.jpg
b0229801_2050497.jpg
b0229801_20502788.jpg
古代農法、忌部族と竹パウダー農法の講習会があったので、行ってきました。
忌部族は、阿波=徳島の方達で、大和政権の祭事を中臣氏とともに担当していて、忌部は祭具を調達していました。
その中で重要だったのは、大麻でした。
彼らは、主に麻と穀を植え、海を渡り農業はもちろん、養蚕、織物、製紙、建築、芸能に至るまで全国へと伝えました。
いまでも、その農法をされているところは各地にあって、私が、住んでいる三重県でも
その方法は残っています。
また、彼らの祭っている神オオゲツヒメは(養蚕、食物、五穀豊穣の神)は別名は豊受大神は、伊勢神宮にも祭られています。
そんな彼らの農法、障りだけさくっと書きます。
徳島では、カヤがたくさん生えるそうで、9月のススキがでる前に集落上や周辺にあるカヤを刈り、畑の上部に束ねて円錐状の肥グロと言われるカヤ帽子を作り、春になってから、降ろしてきて畑に撒いて肥料とするという方法だそうです。とてもシンプルだけど、
この藁は牛のエサにもなり、小さく裁断して牛の糞と混ぜると良質の堆肥にもなるし、
敷くことによって、雑草抑えたり、土壌の流出を抑えたり、かぜよけになったり、害虫を防いだり
と一石二鳥に三鳥にもなって、もちろん農薬や、電力も使いません。まさに究極のエコです。
昔の人は本当に偉大ですね。
竹パウダー農法は、文字通り竹を微粒粉砕して、それと、鶏糞などをませて発酵させて肥料とする農法だそうです。実際、収量が抜群に上がったのだとか。
なんでも、竹や笹には多くの有用成分や、微生物がたくさんいてそれを利用するのだそうです。
蒸留すれば、化粧品としても使えてシミが消えたとか嬉しい報告があったようです。
わたしも、思わず食いついてしまいました(笑)
植物にはミラクルなパワーがたくさん秘められている、、。
まだまだ、分かっていないことが大半なので、
どんどん解明できて、みんなで共有できるととってもいいなあ。
b0229801_20491099.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-17 19:57

滋賀県に行ってきました。

雑穀と言えばこの人という坂本先生のプチセミナーに参加してきました。
日本はもちろん世界各国を旅されて、雑穀の研究をされていました。
主に、日本などのアジア、アフリカが雑穀を栽培していて、全30種類くらいあるそうです。
にほんでは、あわ、ヒエ、キビ、シコクビエ、モロコシ、はとむぎの6種類。
皆、粉にしてインドの方ではチャバティなどにしたり、あとはお酒♪
雑穀を炊いて、麹カビと混ぜて発酵。
でも、日本でもそうだけど、雑穀と言うと鳥のエサなどいわれあまりよい印象がないため、
現地の人も食べ方など聞いてもなかなか教えてくれなかったそうです。
おまけに収穫もその後の脱穀もその後の行程がどれほどあり、時間がかかるものか。
私自身も手伝ったことがあるのですが、大変でした、、。
その分、喜びもひとしおでしたが。
今、日本では、雑穀ブームが来ていますが、その割に作っている方が本当に少なくて。
国内産を探したら無い、、という声をよく聞きます。
それでも、まだ、あってくれるのは、種を途絶してはならないと日本でも山間のおばあちゃんなどが細々と作り続けてくれたおかげです。本当にありがとうございます。
あの小さな一粒の中に、ビタミンミネラルが豊富に含まれています。
雑穀は、すばらしいものです。
食べることはもちろん。
偉大なおばあちゃんたちの意志を是非受け継いで、雑穀を作っていきましょー♪
主催者の久保田さんです。
b0229801_19444387.jpg

坂本先生です。
b0229801_19462054.jpg

その時出された、雑穀スイーツです。
タカキビの甘酒トリュフ、これはチョコは一切入っていないので、私にも食べれました。
ココアパウダーの代わりにキャロブパウダー(イナゴ豆の莢を粉砕したもの)が振ってあります。
とキビのチーズケーキ風、これも美味しかったです。
b0229801_19474316.jpg

会場の家です。
お泊まりも出来るので、今晩はここに泊まらせてもらいました。
b0229801_1948965.jpg

雑穀たちです。
b0229801_1947974.jpg

雑穀の本です。
b0229801_1947279.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-16 19:22

ごはん♪

今まで作ってきた。料理たちです。やーよく作ったあ。また次頑張ろー。
b0229801_18292923.jpg
b0229801_1829095.jpg
b0229801_1828426.jpg
b0229801_18281587.jpg
b0229801_18275463.jpg
b0229801_18273379.jpg
b0229801_18271291.jpg
b0229801_18265346.jpg
b0229801_18263774.jpg
b0229801_182644.jpg
b0229801_18254569.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-14 18:30

藍がたった♪

ようやく、藍が建ちました。
これでやっと染めれそうです。
2キロくらいでしょうか。
1キロは糸を染めるとしてあとは、友達へのプレゼントとして色々染めようと思います。
b0229801_18223736.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2011-07-11 10:00