<   2014年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

全国的にもすごい雪がここにも。
まるで、北国です、、。
30センチほどは積もってます。
b0229801_14245111.jpg

[PR]

by pet2love-nature | 2014-02-14 14:25

アニメ

b0229801_11101649.jpg

少し前にはまった、まどかマギカ劇場版を仕入れてみました。
テレビバージョンしか見たこと無かったけど、うまいことまとめられていて一気に消化するならおすすめですね。
何度見てもやっぱりよかったです。
15年前に放映されたアルジュナもよかったけれど、映像が、、内容が。
子供には見せれません。
[PR]

by pet2love-nature | 2014-02-02 11:11

綿繰り機

b0229801_114233.jpg
名前の通り綿を繰り機械です。
収穫した綿を間に通して、綿と種を分離するのです。
糸を作るにはさらに弓のようなもので綿打ちをしてふわふわにして、糸紬機にて繊維をのばし依りをかけます。
糸を作るのも一苦労です。
機織りをするようになってからはどんな小さな端切れでも捨てれなくなりました。
[PR]

by pet2love-nature | 2014-02-02 11:06

竹おさ

b0229801_91790.jpg
b0229801_903568.jpg
おさ、、、聞いたことが無い方も多いと思います。
織りの道具の一つで糸を通し、それぞれの糸が絡むこと無く、均一な状態で横幅を保つための道具です。
現在は金おさが主流ですが、かつては竹で作られていました。
現在の紡績糸では金おさで問題ないかもしれませんが、手紬で作られた糸などは断然、竹のものがいいのです。軽くて、糸に負担をかけないため糸を切ってしまうこと無く美しく織り上げることができます。
全国に作っているとこがほぼ無い竹おさを復活しようとがんばっておられる方々が展示会をされていたので行ってきました。
道具も何も無い状態で、自分たちで道具も作り今では、ほぼ、いい状態に作れるようになったようですが、
今度は適したいい竹が無くて困っているそうです。
全国各地から竹を集めるのですが、まず、竹林が荒廃していて細く、丈夫な竹が無い上、前は、ある程度の状態まで加工して購入できたそうですが、今は現地に行って切り出しから行わなければ行けない状態なのです。竹おさに関わらず、こうしてだんだん衰退し、今普通に売られている金おさすらも手に入らなくなる状態になるんでのではないかとも懸念されていました。
日々、こうして織りの道具に関わらず、技術の伝承をするための道具がどんどんなくなってしまい、すばらしいものが、なくなってしまうのはとても悲しいことです。
展示会では、そこで作られた竹おさを使って全国各地で織られた、布も展示されていました。
皆、美しく思わず時間を忘れて見ほれてしまいました。。
中には志村ふくみさんなど、有名な方の作品もあって、目の保養になりました。
[PR]

by pet2love-nature | 2014-02-02 09:01

ケーキ

b0229801_8414655.jpg

久しぶりの誕生日ケーキ。
やっぱケーキは難しいですね。
今度は、もっと綺麗に作りたいです。
[PR]

by pet2love-nature | 2014-02-02 08:43

ネクタイ

b0229801_94086.jpg

綺麗に結べてない、、こういうのは苦手です。
ドレスの余生地でネクタイ作ってみました。
すぐできるかなあ、、と思っていたのですが、意外に難しかったです。
結婚式で兄に着用してもらおうと思います。
[PR]

by pet2love-nature | 2014-02-01 09:01