トルソー

余った布で、ドックとルソーを。
看板犬になるかな。b0229801_13203973.jpg
b0229801_13224644.jpgb0229801_13234910.jpg

[PR]

# by pet2love-nature | 2016-10-27 13:25 | 洋裁 | Comments(0)

ストール

秋の夜長。。なんだか無性に織りたくなり、ストールを織ってみました。
8mで4本採れました。
染めた栗と矢車附子と茶綿手紬糸♪なかなか素敵に出来たと思います♪
b0229801_22495404.jpg


[PR]

# by pet2love-nature | 2016-10-25 22:51 | 染色、織り | Comments(0)

トイレトレーニングについて

b0229801_22523610.png
トイレトレーニング難しいですよね。
猫ちゃんは、条件さえ整えてあげるとすぐ覚えてくれますが、わんちゃんはなかなか、昨日は出来たのに今日は、、ってことありますよね。
根気が必要となってきます。
速く覚えてもらうには、やはり失敗を出来るだけさせないことが大切です。
そして、失敗しても怒らないで下さい。
そうして怒っていると、トイレ自体が出来なくなったり、隠れてするようになったりすることもあります。
また、時間が経っていると何に対して怒られているか分からず混乱するので、失敗してしまったら、早急に片付けて下さい。
わんちゃんは足の感覚でトイレの場所を覚えるので、トイレシーツの経験を積むと、旅先にいてもトイレシーツの上でしてくれるようになります。
それでは、方法を説明して行きたいと思います。

  1. サークルを用意してその中に寝床以外の場所にトイレシーツを敷き詰めます。
  2. するたびにほめて下さい。トイレはいいところだと思うのが大切です。
  3. しているうちに好みの排泄場所が出来てくるので、しないところのペットシーツを除去して行って下さい。
  4. 次第に場所が限定されて行くので、そこにトイレを設置して下さい。

ハウス(クレート)を使ったトレーニングもあります。
遊ばせた後、トイレに連れて行きこの時すればいいのですが、しなければ、クレートに短時間いれ(わんちゃんは狭くてくらいところは寝床と認識しているのでしないことが多い)それから再びトイレに連れて行きます。したら、ほめてあげて下さい。
クレートを寝床にして起きた後すぐにトイレに連れて行ってあげて下さい。
成功して、ほめてもらえる回数が多いとより覚えも早くなります。
トイレを失敗する原因は病気や心理的要素、環境の変化等もあるので、注意してみてあげて下さい。
是非、頑張って下さい。

[PR]

# by pet2love-nature | 2016-10-22 20:50 | 動物 | Comments(0)

お米

やはりお米は天日干に限りますね。
手狩り稲刈りもようやく終わり後は10日ばかり熟し来るのを天に祈るばかりとなりました。
今年は天気も不安定だったためか余り採れませんでしたが。
それでも嬉しいものです。在来種、古代米などごっちゃ混ぜのばらまき自然農法。
農薬も、除草剤も使わずひたすら虫取りと、草抜きにいそしんでました、主に兄が(笑)
そして干し柿ぼつぼつ干し始めました。
今年こそ、蜂に吸われず、鳥や鹿に食べられず、食べることが出来るかな。。

b0229801_20265848.jpgb0229801_20234638.jpg

[PR]

# by pet2love-nature | 2016-10-20 20:29 | Comments(0)

マイクロチップについて

そもそもマイクロチップって何?
電子番号札のことです。
最近、装着しているわんちゃん、多いですよね。
というのももともとは1986年頃から欧米中心に馬さんとか牛さん等の識別に使われていたのですが、日本では1998年頃には家畜コード体系が制定されてデーター統一管理されるようになりました。
その後、2002年頃からマイクロチップの普及が促進されて、日本獣医師会がデーター登録をするようになり、
2004年「犬等の輸出入検疫規則」の改訂が行われてISO規格のマイクロチップの埋め込みが義務化されたのです。
ということで、ペットショップ等の輸入されているわんちゃんは皆マイクロチップが埋め込まれていることになります。
これにはやっぱり、賛否両論の意見があって、利点は迷子や災害時等ワンちゃの行方が分からなくなっても探し出せる、捨てられたりしないということですが、わんちゃんに健康被害は?と反対意見も数多く上がっています。
実際埋め込む方法は、注射器によって肩甲骨間のやや左より皮膚表面くらいに獣医師の手によって埋め込まれます。
ワクチン等と同じく痛みは無いようで、今のところ10年以上たっていますが日本では副作用や健康被害の報告はないようです。
ただ、アレルギー等あるわんちゃんは獣医さんと相談して下さい。
費用はチップ本体、施術費用、登録料

全て併せて数千円~1万円程度です。

病院によって違うので、かかりつけの獣医師さんに聞いてみて下さい。

また、最近出てきているペット用保険では、会社によってはマイクロチップを埋め込まれていると割引にもなるところがあるようです。そうして入れてもらうと、獣医師からもらった登録用紙に住所名前等を書いて、「動物ID普及推進会議;aipo」宛に送ると登録完了票が送られます。昔は少なかった読み取りリーダーですが、今では、基本公的動物関係所保健所等には置かれるようになりました。

実際震災があった場所で不明だったわんちゃん達もマイクロチップの装着により80%は戻ってきているという報告もあるようです。災害が多い日本、一度考えてみるのもいいかもしれません。

他にも、最近では、GPS機能付き首輪も出てきているので、検索してみて下さい。





[PR]

# by pet2love-nature | 2016-10-18 23:32 | 動物 | Comments(0)